KING GOBLIN – CRYPTOZOOLOGY + GOBLIN KING

¥2,500

[名称] KING GOBLIN – CRYPTOZOOLOGY + GOBLIN KING
[記号] BTC-007
[分類] 梵天レコード/KING GOBLIN
[価格] 2,500円(税込)

商品カテゴリー: , , 商品タグ:

説明

Roadburn fest HP上で”Album of the day”にも選ばれた2007年発表の1stをバンドルした数量限定版。

行く末は見えないが、帰る場所はある。
従うか、己を満たすか。
力尽きるか、生き残るか。
闇に沈むか、闇を飲むかーー。

広大なスペースでさまよう魂が共鳴する音楽。
支配者たちの視線をくぐりぬけ、生きる者たちへ。

プログレからポストパンクまで飲み込んだ、どこまでもソリッドなアンサンブル。スリリングなドゥームロックの刺激に酔い浸ることができる一枚。

東京のドゥームロック・トリオによるセカンド・フル。特撮ドラマ『ウルトラQ』をモチーフにしたスペースロックアルバム。
ノイズミュージシャンHiroshi Hasegawa(ASTRO)が参加した楽曲や、アメリカのハードロック・バンドMOUNTAINのカバーを含む7曲入り。
アルバム・アートはグラインドロック・バンドC.S.S.O.の関根澄人氏が担当。7インチ・サイズの特殊ジャケット仕様。

バイオグラフィー
1998年東京にて始動。コンセプトは、無数のジャンルに細分化されたメタルの俯瞰視。
紆余曲折の末、2002年にツインギター&ドラムボーカルのトリオ形態となる。
サイケデリックロック、グラインドコア、デスメタル、ドゥームロック、プログレッシブロックを延してパスタマシーンに入れ、太めに切ったようなサウンドが、一部のマニアの琴線に触れる。
トリオ編成のOUTRAGE、Eternal Elysiumなどのストーナーロックバンドや、豪州グラインドロックバンドBlood Dusterと共演。
2004年頃からは、ギター、ベース、ドラムのオーソドックスなトリオ編成にシフト。
2007年、満を持してのファーストアルバム『Goblin King』をリリース。
この頃より、特撮映画やスペースロックの影響が強まる。
2009年、結成時からのメンバー鈴木雅士(Gt.)脱退。ケリー・チュルコ (Hospital, AKBK)を後任に迎える。
2013年、ケリー・チュルコ闘病のため、マーシー (ex. Inside Charmer)加入。
2014年9月より、セカンドアルバムのレコーディングを開始。
2016年2月、9年振りのアルバム『CRYPTOZOOLOGY』をリリース。

Brand

DOOM

PSYCHEDELIC

レビュー

レビューはまだありません。

“KING GOBLIN – CRYPTOZOOLOGY + GOBLIN KING” の口コミを投稿します